×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

comi cafe

花咲くいろは 一巻 レビュー

花咲くいろは 一巻 花咲くいろは
P.A.WORKS(原作) 千田 衛人(著)
(ガンガンコミックスJOKER)

こんな旅館行ってみたい


P.A.WORKS初のオリジナル作品となる花咲くいろはの漫画版です。

岸田メルがキャラ原案を担当した事でも有名な作品ですが、この千田版もキャラが活き活きしていて楽しい作品に仕上がっています。

知らない人に簡単に物語を説明すると、母子家庭の松前 緒花は母親が彼氏と夜逃げすることになったので今まで暮らしていた東京から、祖母が経営する温泉旅館【喜翆荘】へ行くことになります。

あったことも無い祖母を勝手に美化していた緒花でしたが、元々母親が駆け落ち同然で家を出ていたこともあって最初から険悪な雰囲気です。
そして孫としてでは無く緒花は喜翆荘の仲居として住み込みで働くことになります。

緒花と同い年で板前修業中の鶴来 民子や、同じ仲居のバイト押水 菜子達喜翆荘の仲間たちとの日常が描かれる内容になっています。

緒花は性格は明るくとにかくやる気はあるのですが全然仲居の仕事が理解できていなかったこともあってトラブルメーカーとなっています。

まあ、いきなり仲居になれと言われてなんとかやっているあたり才能はあるのかもしれませんけれどね。

そんな緒花の生長が楽しみな作品ですね。



トップへ戻る





各種レビューです。


あなたは

目の訪問者です。



Copy Right comicafe Co.,Ltd. Since 2005