×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

comi cafe

うたわれるもの散りゆく者への子守唄 1 レビュー

うたわれるもの散りゆく者への子守唄 1 うたわれるもの散りゆく者への子守唄 1
水口 鷹志 (著), アクアプラス (著)
(電撃コミックス)

ヌワンギは頭のヤツが鬱陶しいと思う

うたわれるもの散りゆく者への子守唄のアンソロジー作品ではなく本編ストーリー作品です。

電撃コミックスからは過去に本編ではなくサブストーリー等ショートストーリーが収録されたコミックスが発売されていますが、メインストーリー作品としては初作品となっているコミックスです。

第一巻はハクオロさん復活からムティカパ戦とオボロ、ユズハ達と出会うシーン等になっていますね。

今更ネタバレも何もないでしょうし、第一話の最初からミコトとかアルルゥ死亡のシーンとかはまだ伏線的な内容ですから問題ないと思いますが、メインメンバー総出しといて打ち切られたら……。

とりあえず、原作をくどくない程度に辿っている感じで安心できますね。本編そのままだとさすがに長くなりすぎてしまいますから丁度良いですね。

なんだかアンソロのエルルゥは中の人の影響とか受けまくっている事が多いですが、本作は至って普通な娘になっていて逆に新鮮な雰囲気がするのが不思議です。

ヘタすると他のキャラの前に埋没しかねませんけど……。



トップへ戻る





各種レビューです。


あなたは

目の訪問者です。


Copy Right comicafe Co.,Ltd. Since 2005