×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

comi cafe

新フォーチュン・クエスト 14 蘭の香りと消えたマリーナ (下) レビュー

新フォーチュン・クエスト 14 蘭の香りと消えたマリーナ (下)
新フォーチュン・クエスト 14 蘭の香りと消えたマリーナ (下)
深沢 美潮 (著)
(電撃文庫)
深沢 美潮先生のフォーチュン・クエストシリーズの正式な続編となる作品です。


メ、メイド服だと……冥土と掛けたのか!?


マリーナを探してガトレアパレスに潜入したパステル達だったのですが、パステルだけ謎の空間で迷子になってしまったあげくスケルトンに追いかけられた所までが前巻のお話でした。

いきなりピンチからのスタートかと思いきや、このスケルトン、無印4巻の呪われた城で出会ったスケルトンのピンでした、しかもコンビのゾンビ、ゾロまで現れピンゾロと再会することになります。

しかも、レディグレイスまで登場してくるとは予想外でもない展開でした。

レディグレイスは謎の行商人の事を調べていたらしく、この冥界との狭間の空間でトレーニングとかしているアンデットとは思えないほど元気ですWW

更に、囚われていたマリーナを発見。鏡の裏表が繋がっているようですが、マリーナからはパステルがスケルトンに見えたとか(髪型がパステルのスケルトンってどんなだ?)

ちなみにパステルが時々頭痛に悩まされるのは過去に行商人が大魔術教団に潜入した際にさわったギャミラ像が原因だったみたいです。

今回も謎の行商人が関わっているのか微妙な所でしたが、パメラクィーンことダークネスクィーンも倒すことが出来ましたし、マリーナは実の両親、育ての親とも再会することが出来大団円。

しかし、これでマリーナは裏家業から足を洗うことになったので、一緒にクエストに出ることはなくなってしまったかもしれませんね(残念)





トップへ戻る





各種レビューです。


あなたは

目の訪問者です。


Copy Right comicafe Co.,Ltd. Since 2005